木の飾り ゴルフ100切りInfo

パッティングの感覚をつかむために

木の飾り
ゴルフ100切りInfoマティック >> パッティングの感覚をつかむために
木の飾り

パッティングの感覚をつかむために

パッティング(パッティングはコツコツ練習をしなければなりませんが、その練習は地道なものです。だから長続きしないことが結構あります)での距離感(長いのか短いのかを正確に掴むためには最低1年が必要だと言われたことがありますが、私自身はそんなに要らないという印象もあります。どちらが正しいのかはこれから明らかになることだと思います)を掴む(つかみきれない場合はどうするのかという疑問も浮かびますがそれは実際に掴んでから考えればよいという考えもあります。要はやる前からあーだこーだと迷っても何の得にもならないということだと思うのです)には実際に(実地での経験はとても重要です)グリーン(グリーン車という言葉の通り、グリーンには何か高級なイメージもありますが、実際のところそういうわけではないみたいですね)でパッティング(言い訳が効かないのがパッティングだとも言えます。だからこそ緊張の中でしくじってしまう人が後を絶たないのだと思います)を行うといいのでは。(そう言っても実際に行動を起こす人は全体2割程度だと言われます。その2割の行動する人に入るか、もしくは8割の行動しない人に入るかは自分の判断次第だと言えます)

実際に(聞くとやるとでは大違いと言われますが、そういってても自分でやってみない人がいるのにはある意味驚きです。そこまで動かない人がいるのかと思ってしまうのです)100パッド(100というのは特別な数字のようで、100を超えることで見えてくるものがあるのです)ずつ練習(練習嫌いの人もいますが、今上手な人は間違いなく練習を重ねた人だというのもまた忘れないでほしいものです)を行い(日ごろの行いによって今の結果が決まると言われますが、それはある意味厳しい現実を思い知らされる気分ですね)ボール(予備のボールが用意できるかどうかでゲームできるかどうかが決まってしまうので、予備のボールは重要です)をホール(ホールは広い場合もあれば狭い場合もありますが、ゴルフの場合は大きさは決まっています)から90cm(微妙な距離ですがこの距離を制する人がゴルフを制すると言えるのかどうか、それは練習によって感覚をつかむことができると思うのです)程度の場所(場所を見失わないように気を付けてください)の狙って(狙いは定めなければ狙うことができませんね)みましょう。

関連記事

木の飾り
ゴルフ100切りInfo 木の飾り
Copyright (c) 2014 ゴルフ100切りInfoマティック All rights reserved.
木の飾り