木の飾り ゴルフ100切りInfo

パッティングで失敗したと思ったときに

木の飾り
ゴルフ100切りInfoマティック >> パッティングで失敗したと思ったときに
木の飾り

パッティングで失敗したと思ったときに

パッティングで外した(シマッタと思うかもしれませんが、失敗から新たな道が開けるということもまた知っておいた方が良いです。失敗は何とかの元だという故事もあります。最近はそんなことを言うと鼻で笑うひともまた増えましたけどね。)場合、そこから(そこというのはたいてい近い場合に使う言葉ですが、近い遠いの距離感は人によって違いますから、感覚の違いであとから驚くことも結構あります)ホール(終着点であることも多いですが、場合によっては障害物として使われることも有ります)に入れる(自分が意図したとおりになるかどうかは、スキルの他に何か特別なものも絡んでるのではないかと思ったりしますね)のはまたしても(どうかウンザリしないでほしいですね。ウンザリするとそこで集中力が切れてしまうことになりますから。)難しい(難しいとか簡単とかは相対的なもので感覚的なものなので人によって基準が変わるのが普通です)場合が多く(自分が多いと思っても他人から見たら少ないということもありなかなかうまくいかないものです)、プロ(プロとアマチュアの違いはスキルだけでなく、もっと根本的なところにあると言われたことがあります。それが何なのか今まで分からなかったのですが、最近少しつかめて来た気がします)はまず(まず何よりも、自分の心がけが第一に来るものだと思うのです)ホールに入れやすい(簡単だと思ってたら実は難しいというのは良くあることでその辺りのズレがなくなってきたら一人前に近づいてきたと言えるのかもしれません)場所(練習する十分な場所は最近見つけにくくなりました)にパッティング(練習はつまらないと思いますが大事なものです)を行います。

この時、必要となる(必要か不要かまずは自分で判断してみましょう)のが距離感(両目と片目では変わってきます。慣れもまた大事な要素です)でボール(ボールを見失ってしまうとダメージが大きいです。そうならないようにスキルを上げることが大切です)をホールの側(側にあると安心するものですが、人によってはウットオシイと思う人がいるのが不思議なところです。)まで持って行く(持っていけば持って帰ってくる必要もあります。絶対にではありませんので、その場その場での判断にはなるでしょうね)絶妙な(この感覚は人によるもので、経験が長い人と短い人では絶妙感がまた違ってくるのが興味深いものです)距離感(経験を積んでいって感覚を磨いていくのが良いのでしょうね)が重要となってきます。

関連記事

木の飾り
ゴルフ100切りInfo 木の飾り
Copyright (c) 2014 ゴルフ100切りInfoマティック All rights reserved.
木の飾り