木の飾り ゴルフ100切りInfo

パッティングの練習とポイントについて

木の飾り
ゴルフ100切りInfoマティック >> パッティングの練習とポイントについて
木の飾り

パッティングの練習とポイントについて

さてここでは(ここというのが人によって異なるというのは言うまでもありません)パッティング(パットというと緩衝的な意味を持つようにも思えますね)の練習法(方法については人によって様々なものが出てくると思いますがその中で何を選択するかはその人次第です)を説明(説明と言っても、授業のように座学で聞き学ぶというだけではちょっと不十分かもしれません)したいと思っています。

パッティング(簡単なように見えて難しいものですよね)は正しい(何が正しいのか、正しくないのかは人によってあるいは状況によって異なりますが一つ言えるのは、いつでもどこでも正しいものはないということではないでしょうか)フォーム(形式だとも言えます。決まった形を覚えこませるのは何に付けても大事なことです)にロフトを上手(最初からうまくいくものはあまりないものです。最初はうまくいかなくても続けるうちに徐々にうまくなることはよくあります)に使うこと(使ってしまうと減ってしまうというおそれがあるのかもしれませんが)が求められます(求められてそれに応じるかどうかは自分次第だとも言えます)が、それ以上(以上がその値自体を含めるのかどうかはいつも迷うところです。自分は含めないものだと思っていたら、含めるのが普通だと先日知り合いに言われました。。。)に距離感(感覚なのでどうしても誤差が出てきますね)とスリーパッド(某コンビニでそういう名前があったとかなかったとか。今はもうなくなってしまったのでしょうか)を恐れない(恐れるなと言っても難しいものだと反論を受けたことも有ります)計算(電卓でできる計算なら良いのでしょうけど、電卓が役に立たない計算もあるので注意が必要です。かと言って表計算ソフトを使えばよいとかそういう話ではないと思いますが)が必要なことが出てきます。

グリーン(緑といえば、何だか若いイメージがありますが若いと言って喜ぶ人ばかりではないので言葉の使い方にも要注意です)にボール(ストライクとボールとありますが、どうしてボールというのか不思議に思うことがあります)がある場合(逆に言えば、ない場合もあるということでない場合についても検討をしておかなければなりません)アマチュア(素人と言ってもよいのかもしれませんが、アマチュアでもプロ顔負けの人がいるから一概には言えないと思いますね)はどうしても(何とかしてほしい時にも使いますが、それで何とかなることもまた少ないものです)一発で(うまくいけばいいですが、うまくいかなかったときも失望をする時間はないというのが厳しいところです)ホールに入れよう(入ってしまえばこっちのものだと思うのですがね。そこまでが一苦労といったところです)としてしまいます。

関連記事

木の飾り
ゴルフ100切りInfo 木の飾り
Copyright (c) 2014 ゴルフ100切りInfoマティック All rights reserved.
木の飾り